入れ歯のプロフェッショナルがいる横浜駅西口から徒歩3分の歯医者さん

〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸2-1-22ナガオカビル6F
JR横浜駅西口より徒歩3分

診療時間
10:00~14:00 × ×
15:30~20:00 × ×

△:9:00~13:00/14:00~17:00 休診日:日祝

お問合せ・ご予約はこちら

045-317-8558

歯科技工士紹介

当院が提携させて頂いている歯科技工士の紹介です。

一般的に入れ歯の製作は一人の技工士が行います。しかし、当院では精密入れ歯一筋で仕事をしてきた熟練技工士二人が入れ歯の製作工程をそれぞれの得意分野で分業することでさらに完成度の高い入れ歯を提供することができます。

歯科技工士

尾形 和哉(おがた かずや)

入れ歯の金属フレーム担当

経歴

1980年 埼玉歯科技工士専門学校卒

デントクラフト

キャストパーシャル研究会(CPI)会長

論文
  • 誰でも簡単に“わかる”“できる”キャストパーシャル(月刊歯科技工 289/2000.09.共著)
  • 各種材料における研磨のノウハウQDT Vol.26/2001.01. 共著)
  • より良い技工環境を求めて ―アフターバーナーに関する報告―QDT Vol.27/2002.12.共著)
  • 歯科医師と歯科技工士のコミュニケーションのために 補綴物の再製作は防げる ―そのためのチームワークといくつかのヒント―(後篇:座談会編)QDT Vol.36/2011.12. 特別企画1 共著)
  • 残存歯にやさしいパーシャルデンチャーを考える ―「三次元構成義歯」とは何か?(QDT Vol.39/2014.06. Feature article #1  共著)

歯科技工士

小林 健二(こばやし けんじ)

コーヌスクローネ・入れ歯の仕上げ担当

経歴

1980年 東邦歯科技工士専門学校卒

デントクラフト

論文
  • テーパーピン・テクニック ―コーヌス・テレスコープにおける新しい内冠製作方法 ―(クインテッセンス オブ デンタルテクノロジー Vol.11/1986.04)
  • 歯科医師と歯科技工士のコミュニケーションのために 支台歯形成 ― 歯科医師の言い分 歯科技工士の言い分― QDT Vol.36/2011.01. 特別企画1 共著)
  • 歯科医師と歯科技工士のコミュニケーションのために 補綴物の再製作は防げる ― そのためのチームワークといくつかのヒント―(前篇:症例検討編)(QDT Vol.36/2011.11. 特別企画1 共著)
  • 歯科医師と歯科技工士のコミュニケーションのために 補綴物の再製作は防げる ― そのためのチームワークといくつかのヒント―(後篇:座談会編)(QDT Vol.36/2011.12. 特別企画1 共著)
  • 残存歯にやさしいパーシャルデンチャーを考える ―「三次元構成義歯」とは何か?―(QDT Vol.39/2014.06. Feature article #1  共著)
  • ラボサイドからチェアサイドに渡したい ― 印象チェックと石膏注入マニュアル―(QDT Vol.41/2016.07 BOOK in BOOK #7 共著)

当院では精密入れ歯に特化したプロフェッショナル2人の力を借りて、より薄くて快適な入れ歯をお作りするように努力しています。

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布も予約可能です

045-317-8558

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

10:00~14:00 / 15:30~20:00
△:9:00~13:00 / 14:00~17:00

休診日:日曜・祝日

045-317-8558

〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸2-1-22ナガオカビル6F
JR横浜駅西口より徒歩3分